トップページ > 歯周病

歯周病

歯周病とは歯のまわりを支えている組織が破壊されて歯がグラつきだし、最終的には歯が抜けてしまうという疾患で、30代ごろから発症すると言われています。
口の中にその原因となる歯周病菌が存在するのかを検査によって調べることにより、より正確な診断と適切な治療を受けることが出来るようになります。

歯周病の症状

歯周病症状の図

歯肉炎

歯肉が赤色。
歯と歯の間の歯肉が丸みを帯び膨らんでいる。
歯ブラシの際出血する。
腫れた歯と歯肉との間に歯垢が溜まっている。

歯周炎

歯肉が赤紫色。
歯と接している歯肉が腫れる。
歯ブラシで出血や膿がでる。
歯と歯の間が広がり、食べ物がよく詰まる。
歯が長く見える。
歯周ポケットが深くなってきた。

歯周病の原因

お口の中にはおよそ何百種類の細菌がいます。 歯ブラシが充分でなかったり、砂糖を摂取しすぎると細菌がネバネバした物質を作り、歯の表面につきます。 これを歯垢(プラーク)といいます、粘着性があり、うがいでは落ちません。 この歯垢(プラーク)に細菌が住みついているといわれ、虫歯や歯周病をひき起こします。

歯周病を進行させる原因

歯ぎしり、くいしばり、かみしめ 、喫煙、糖質過剰摂取、唾液減少

歯周病治療の流れ

最初に検査を行って歯周病の状態を調べます。歯みがき指導や歯垢の除去、歯石除去をいたします。重度の場合は検査や歯石除去を繰り返し行い、場合によっては歯周外科を行うことがあります。どの場合も、治療後はメインテナンスを行って様子をみていきます。

歯周病治療の流れ




ドライマウス

最近ペットボトルをバックの中に常に入れている人が多くなったとおもいませんか?

ドライアイでお悩みの方が現在日本には約800万人いるといわれています。ドライアイの方のほとんどが口腔の乾燥症状(ドライマウス)の症状を持つと言われています。ある報告では日本には約3000万人の患者さんがいるといわれています。

ドライマウスは様々な病気の一症状としてもあらわれ、ウ蝕、歯周病、口臭、摂食嚥下障害などのさまざまな弊害があります。

原因としては加齢、ストレス、薬の副作用、喫煙、シェーグレン症候群などの全身疾患の症状があります。
唾液の分泌量の低下に伴い、軽度の場合、口腔内のネバネバ感や、う蝕、舌苔、口臭、歯周病。重度の場合、舌痛症や嚥下障害を引き起こすことがあるので注意が必要です。 この病気はまだ一般的に認知されているとは言い難く、患者さんがどこを受診していいのか分からないのが現状です。

当院ではこれらの症状をお持ちの方にも対応可能ですのでお問い合わせください。


アクセス※駐車場完備MAP

  • <電車>
    地下鉄日比谷線・JR京葉線
    八丁堀駅 徒歩0分
    B3出口よこ
  • <所在地>
    東京都中央区八丁堀 4-10-6
    TKヤマダビル1F
    電話番号 03-3552-1148
  • <ご来院地域>
    八丁堀、新川、茅場町、新富町、佃、
    晴海、日本橋、月島等

ページトップへ戻る