トップページ > 虫歯

虫歯

虫歯の治療は基本的に、削らない、抜かないの方針で治療にあたりますが、虫歯のレベルによって治療方法がいくつかあるため、 虫歯の状態に合わせた最適な方法をご説明し、治療にあたります。

歯のエナメル質だけにある小さな虫歯

治療方法

・コンポジットレジン
虫歯の部分を最小限に抑えて削り、取り除き、コンポジットレジンという白い歯科医療用プラスチックを詰めて補修します。

歯の象牙質まで進んだ虫歯

治療方法

・コンポジットレジン
・インレー

虫歯の部分を最小限に抑えて削り、取り除き、コンポジットレジン、またはインレー(部分的なかぶせ物)で補修します。

歯の神経まで達してしまった虫歯

治療方法

・クラウン(かぶせもの)
神経にまで達してしまった虫歯がある場合、虫歯と神経を取り除き、数回にわけて根管治療で根を消毒して炎症を抑えます。治療の終わった根の上に支台(土台)を立て 、仮歯で咬み合わせを確認してから、クラウン(かぶせもの)をかぶせて修復します。

虫歯を削らず治す方法

治療方法

・ドックスベストセメント ⇒詳しくはこちら
虫歯を削らず、薬を塗ることで治すことができます。

痛くない歯科治療

写真

無出血、無痛、減痛の状態で歯や歯肉の治療が可能になりました。当医院では、患者さんにやさしいレーザー治療を行っています。 レーザー治療なら、出血もほとんどなく、傷あとも残りにくいほか、治りも早くなり、治療後の痛みもほどんどありません。 今までの歯科診療といえば、「抜く」「削る」「痛い」などといった不快なイメージが強かったのですが、レーザーは、痛みを和らげ、「抜く」とか「削る」ことを最小限にします。


虫歯は、母から子へ感染すると考えられています

写真

虫歯は子供の歯が生え始めた頃(1~2歳前後)、母から子へ感染すると考えられています。
3歳ぐらいまでは感染の機会をなるべく少なくすることが重要です。
お母さんの口の中に虫歯(ミュータンス)菌が多いとそれだけ子供にうつる率が高くなりますから、母子ともに虫歯のリスク判定の検査を受診し、その結果に基づいて歯科医院で食生活やブラッシングの指導を受け、プラークコントロールを実施しましょう。
検査によって虫歯(ミュータンス)菌が多いとわかった時は除菌することも可能になりました。


虫歯 Q&A

詰め物がとれてしまいましたが、痛みがないのでそのままにして大丈夫ですか?
そのままにしておくと、むし歯になりやすい状態ですので、良くありません。また、痛みがあるまで放ってしまうと神経をとることにもなりかねません。早めの受診をおすすめします!
詰め物の下に違和感があるのですが、むし歯でしょうか?
虫歯の可能性もありますし、歯のかみ合わせの問題の可能性もあります。違和感が続くようであれば、早めの受診をおすすめします。
一度作った詰め物・被せ物は一生もちますか?
一生は難しいかもしれませんが、定期的にメンテナンスをして頂ければ通常より長くお使い頂くことができます。保険診療外のものですと、長期的な保証期間もあります。
歯ぎしりがひどいのですか、通院すれば治りますか?
まず来院していただき、診察してから必要があればマウスピース(ナイトガード)をお作りします。それを自宅で就寝時にはめて過ごしていただきます。歯ぎしりにより顎関節症などが疑われる場合は、専門病院を御紹介いたします。

アクセス※駐車場完備MAP

  • <電車>
    地下鉄日比谷線・JR京葉線
    八丁堀駅 徒歩0分
    B3出口よこ
  • <所在地>
    東京都中央区八丁堀 4-10-6
    TKヤマダビル1F
    電話番号 03-3552-1148
  • <ご来院地域>
    八丁堀、新川、茅場町、新富町、佃、
    晴海、日本橋、月島等

ページトップへ戻る